ちきん騎兵隊討伐記録

株式会社ネクソンジャパンが運営する「Maple Story」のプレイ日記などなど。ドナドナ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

グレイ冒険記録6  狩りな一日


ちきん騎兵隊に入ってから一ヶ月近くが経った

あれから少しずつだけど順調にお金を稼いでいって

借金もほんの少しだけど返済することができた


色々大変だといえば大変だが、平和な日々をすごしている

今回はそんなちきん騎兵隊に入ってからの楽しい毎日の一部分を

少しだけ紹介しようと思う





































まやりん: おーしwグレイさん一発狙うよ~ww








まやりんさんはそう言うと

勢いよくバブルスライムの群れを狩り始めた

話によるとバブルスライムは落とすメルこそ少ないものの

メイプルシールドというレアアイテムをドロップするという




まやりんさんはレアドロップハンターらしく

基本的にレアアイテムを落とすモンスターしか狩らないらしい



たいしたモンスターではないとの事なので

今回、僕も連れて行ってもらったのだ













まやりん: ダメだ、でねぇw










小一時間ほど狩って、まやりんさんは飽きたらしく

安置でイスに座ってアイスクリームを食べ始めた





まぁ僕一人でも狩れるモンスターなので

なんてことはないんだが・・・・






ちなみに、まやりんさんは弾楽さんと同じくプリーストだ

しかしまやりんさんの方が、やや支援系のプリーストで

あまり戦闘は好きではないらしい。










それから狩ること数時間

結局たいしたアイテムはドロップしなかった

稼いだメルは、ほとんど薬代で消えたので

プラスマイナス0というところか・・・。































そしてまたある日はzeroshockさんと一緒に狩りに行ったりもした





zeroさんは僕のためにたくさん稼がせてあげようと

かなり張り切っていた、張り切りすぎていた・・・






















zeroshock: ドラゴンロアッ!!











zeroさんの使うドラゴンロアという技は

ドラゴンナイトのスキルで、かなりの広範囲を攻撃できるので

乱狩りには非常に便利な技だ


しかし・・・・

























zeroshock: ぐはぁっ!!






















かなりの体力を消耗する技らしく

一発放つ度に血を吐かれるのは見てていい気分はしない

それにzeroさんの応急手当のためドロップを拾うどころではない







無理しなくていいですよ・・?















ということでこの日の稼ぎもほとんど0だった・・・。


































そしてまたある日は・・・・



















リーリエ: 中々大変そうだね、
       今日は俺と一緒にモコモコでも狩りに行くか?












リーリエさんは投げ賊で、それもかなりのレベルだ

ギルド内では単体に対しての火力なら1、2を争うほどだろう

両親の仇と同じ職だということで

最初の方は話し辛かったが、なれるとそんなことはなかった










けれどまさか100レベルを超える投げ族と一緒にモコモコを

虐殺しに行くとは思いもしなかった・・・・





リーリエさんは、素でちきん という称号の初代持ち主で

なんとレベル80までここでレベル上げをしていたらしいのだ

彼にとってはここは故郷みたいなもので

ここに来るといつも懐かしい気分になるという










しかし何か違う・・・と思うのは気のせいだろうか?


まぁ今回の稼ぎは、50万ほどだったので文句はないんだけど・・・
























そういえば火毒魔の格之進さんとも

一緒に狩りに行ったこともあったなぁ

でも格之進さんは基本的に毒を撒いて敵を弱らせてから

狩るらしくて・・・・













いや、それは別にいいんですけど・・・・





















なんというか














僕にも毒が感染してしまうので

一緒に狩ることはできませんでした












そして久々に死にかけました

僕も人間に生まれてくればよかった・・・。























後あんパフェさんとも狩りに行こうとしましたが・・・
















あんパフェ: グレイさん!
        今日はあたしと一緒にグレイ狩りに行きましょ☆












・・・・・











・・・・・・・・・・












・・・・・・・・・・・・・・・・・・













悪気が無いのはわかっているんですけど・・・

ちょっとそれだけは勘弁してください。



























そしてあの問題児も・・・・


















グレコ: おいグレイ、お前の借金一瞬で返せる方法思いついたw











何か嫌な予感はしてたんだけど

もしかしたら、ということもあるので

一応相手をしてみることにした。























グレコ: まぁとりあえずついて来いよww












そう言われて、ついていくと、なんとたどりついたところはパチンコ屋

どうやらギャンブルで稼ごうという魂胆らしい













グレコ: あ、財布忘れた、グレイちょっと10万ほどメル貸して













どうも今ひとつ信用できない人間だが

一応ギルマス、全く勝算がないまま来たわけではないだろう






そう思いしぶしぶ10万メル貸してあげた



















グレコ: あり~ww1時間で倍にしてみせるから待ってろww


























そして一時間後、しかし、いや、やはりと言うべきだろうか

ギルマスは全額すってしまったらしく

ばつの悪そうな顔でこちらへ向かってきた

























グレコ: ごめ、負けたわ。でも後20万あったら絶対勝てる!
      これだけはガチで保障するわ、マジいける!















あまりにもしつこかったので、しかたなく

20万メル貸してあげることにした





ギルマスは慣れてるみたいだし

まぁさすがにこれだけ元手があれば

負けはしないだろう・・・・





















グレコ: あり~ww
      待ってろよ~次こそ100倍にして返してやるからww








































そしてその日ギルマスが戻ってくることはなかった・・・











後からまやりんさんに聞いたのだが

その日、スパでくつろいでいるギルマスを見かけたらしい・・・。








































今度あったら泣かす。



























つづく






スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

グレイくん・・・
なかなか目的が果たせそうにないね><
それより借金返済のほうが重要なのか;
がんば(★゜Д゜)/タ゛ァー。.:*:・\'゜。.:*

蘭白 | URL | 2006年09月10日(Sun)21:42 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。